弁護士報酬

顧問契約のご案内

  1. 弁護士と顧問契約するのは?あなた又はあなたの会社と弁護士とが顧問契約を締結されると、顧問弁護士があなたの様々な問題に法律上のアドバイスを行うこととなります。
    健康管理のため、日頃からよく相談できる医師をもっている方が多いのと同様に、いつでも相談できる心安い弁護士を確保しておくことが、弁護士との顧問契約とお考えください。
  2. 顧問契約のメリットは?
    1. 顧問契約をされると、法律上の問題が発生した時(又は発生しかかった時)、速やかに弁護士と相談することができます。
      当法律事務所の場合、顧問契約関係にある方の相談依頼に対しては、その日又は直近の日に弁護士の対応が開始できるようにしています。
      このことによって、争いが大ごとに至る前に防止できたり、うまく解決できたりするメリットがあります。
    2. 顧問弁護士は、日頃から顧問先の事情をよく把握していますから、事態へのアドバイスがより適切にできます。
    3. あなたの事業の従業員や家族に法律上の問題が発生したような時も、雇用主として従業員に弁護士を紹介できることが容易となり、従業員の信頼も厚くすることができます。
    4. 具体的に示談交渉や訴訟等の案件を依頼される際、通常の報酬基準よりも割り引いた額で事件処理を依頼していただくことができます。
    5. 顧問料は、全額が経費として税務処理できますので、節税効果があります。
  3. 顧問契約の費用は?顧問契約を成立させる場合、月額(事情により年額)を定め、一定日に顧問料をお支払いいただくこととなります。
    当事務所では、顧問契約の月額は、下記のとおりとさせていただいています。
    • 個人
      年額64,800円(消費税含む)
    • 法人・事業者
      月額32,400円〜108,000円(消費税含む)
      (具体的月額は、法人規模や予想業務の状況により相談して決めさせていただいています。なお、当法律事務所の現行契約では、54,000円が最多となっています。)
  4. 顧問契約締結の方法具体的にはお申し込みいただいてから、ご相談をさせていただき、合意成立をした場合に、当事務所より契約書をご送付させていただく方法をとっています。