弁護士紹介

弁護士 岡 正人

弁護士 岡 正人

弁護士になってもうすぐ5年になろうとしています(2010年6月時点)。
この間、交通事故や離婚事件、相続案件など様々な事件に携わってきました。専門と言えるかどうかは分かりませんが、他の弁護士と少し異なる事件としては、アスベスト事件と消費者事件に絶えず関わってきました。
アスベストについては、弁護士になる直前に、いわゆる「クボタショック」が起き、アスベストによる健康被害が社会問題化しました。その掘り起こしを行い、これから被害救済をしていこうという正にその時期に、私は弁護士として和歌山弁護士会に登録しました。それから、労災申請や対企業の補償交渉、国家賠償請求訴訟に参加し、和歌山においては2回の医療法律相談を中心になって実施しました。国家賠償訴訟については、先日、報道されたとおり、勝訴判決を得たものの、国が控訴したことにより、今度はステージを高等裁判所に移して闘っています。このアスベスト問題については、ライフワークとして取り組んでいきたい事件と考えています。
また、消費者問題についても、弁護士になった当初から、当会の消費者保護委員会に所属し、消費者問題に取り組んできました。昨年までは、2年間、和歌山県消費生活安心安全アドバイザーに就任させて頂き、行政部門と連携してアドバイスを行ってきました。最近では、消費者庁も設置され、地方行政の相談窓口の強化が叫ばれていますが、他府県に比べて相対的に相談件数が少なく、潜在化してしまっている和歌山県内の被害者の掘り起こしをどうにかできないものかと考えています。
このように他の弁護士があまりやらないような少し専門的な事件を手がけています。
こうした専門的な事件でも、通常の事件でも、不安になったときにちょっと相談してみようという敷居の低い存在でありたいと思っています。

  • 「いらない布団を購入させられた」
  • 「効き目がよくわからない浄水器を買ってしまった・・・でも、息子に相談したら叱られそう」
  • 「最近、夫とは上手く行かないけど、もし離婚したらどうなるんだろう」

このように法律問題は、あなたの身近に発生する問題です。決して、弁護士は「非日常」の存在ではありません。諦めてしまう前に、何か行動を起こす前に、お気軽にご相談下さい。

  • 昭和51年6月生まれ(出身地:海南市下津町)
  • 大阪大学法学部卒業/大阪大学大学院修士課程修了(憲法)
平成15年11月 司法試験合格
平成17年10月 司法研修所卒業
和歌山弁護士会に弁護士登録
岡本法律事務所勤務

弁護士一覧に戻る